フィリピンカジノの盛況

  1. ニュース
  2. 36 view

カジノに関する展示会「G2E(Global Gaming Expo)」が2019年12月3日からフィリピン・マニラのマリオットで開催されることになった。
この「G2E」は毎年10月にアメリカのラスベガス、5月にマカオで開催されている展示会で、カジノ機器や関係する企業が出展するカジノの展示会。
マカオで開催されていた「G2E」では、数年前からオンラインカジノ系の出展が止められて、盛り上がりに欠けていた感があるけれど、フィリピンで開催される「G2E」ではオンラインカジノ系の出展をはじめ、スポーツベッティングやブロックチェーンやサイバーセキュリティー系の出展も行われる模様。




アジアで唯一オンラインカジノを法整備化して、許認可しているフィリピンならではの試みとして、展示会の盛り上がりに期待が高まります。
イベントを手掛けるリード・エグジビション・グレーターチャイナの最高執行責任者であるジョセフィーヌ・リー氏は「このフィリピンの新しい見本市で、G2Eアジアブランドを拡大させて、アジアのゲーミング・エンタテインメント業界に成長とイノベーションのため、新しい機会をもたらすことができることを大変うれしく思う…」と発言している。
なお、フィリピンのカジノ市場は上向きに成長を続けているようで、日系カジノの「OKADA MANILA」は、売上高も拡大傾向、営業の黒字化も視野に入ってきた。
マニラ首都圏では現在4つのIRカジノ施設が稼働している。
もちろん小さなカジノは数多く存在しているが、IR(統合リゾート)と呼べるのは以下の4施設。

①Resorts World Manila

②Solaire Resort & Casino

③City of Dreams Manila

④Okada Manila

今年のお盆シーズンには、多くの日本人が4つの施設に足を運んでいたが、顧客の多くは中国人や韓国人の富裕層、そして地元のフィリピン人富裕層だ。
(2019年8月29日)

編集部

日本で唯一のカジノエンタテインメント雑誌です。
カジノIR施設に関する情報を発信していきます!!

記事一覧

関連記事

news0918

北海道・苫小牧のIRカジノ施設

米国の大手カジノ企業、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)社は、日本におけるカジノIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し…

  • 9 view
news0918

NEWS

第25回参議院議員通常選挙とカジノ一年前、カジノIR法(カジノを含む統合型リゾート実施法)が制定されるも、政府は開催地の選抜を「第25回参議院議員通常選挙(投票…

  • 28 view
news0918

大阪がカジノIR施設でリード!!

日本のカジノIR(統合型リゾート)施設において、最も積極的に動いていると思われる大阪府は、政府による基本方針決定前でも年内に事業者を公募する方針を明らかにして、吉村洋文…

  • 10 view
news0918

盛況なフィリピンカジノ

ユニバーサル・エンターテインメント社は、子会社のタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント社が運営するフィリピンのカジノIR(統合型リゾート)施設「オカダ…

  • 7 view
news0918

日本政府がIR基本方針案を発表

政府は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備に関する基本方針案を公表した。立地区域の選定基準として5項目を示し、公平な審査を実施するため、国土交通省に有識者委員…

  • 7 view
news0918

日本で8地域がカジノIRを検討!!

観光庁によるカジノIR(統合型リゾート)の誘致に関する意向調査で、日本全国で8地域が検討していることが明らかになった。IR整備法では、国内3カ所までに整備計画を認めてい…

  • 10 view