北海道・苫小牧のIRカジノ施設

  1. ニュース
  2. 6 view

米国の大手カジノ企業、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)社は、日本におけるカジノIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し、日本市場から撤退すると発表した。

北海道の苫小牧におけるカジノIRへ進出を目指して活動していたが、米国における既存事業に経営資源を集中させることを選択した模様。
なお、シーザーズ・エンターテインメント社が撤退することで、北海道の苫小牧に興味を示している外資系カジノ施設は、同じく米国の大手カジノ企業ハードロック・ホテル・アンド・カジノ (Hard Rock Hotel and Casino)社 と、米国ラッシュ・ストリート(Rush Street)社に絞られる。
シーザーズ・エンターテインメント社は老舗ホテル「シーザーズパレス」などを運営する米国のランドカジノ代表格。
本年6月には米国のエルドラド・リゾーツ(Eldorado Resorts)社がシーザーズ・エンターテインメント社を買収することで合意していて、米国16州で60カ所以上のカジノ施設を保有する米国最大規模のカジノ運営会社が誕生することになっている。
エルドラド・リゾーツ社は、イギリス大手ブックメーカーのウィリアムヒル社と提携して、ニュージャージー州やアイオワ州など、米国13州でスポーツベッティングを提供している。
この買収によって、シーザーズ・エンターテインメント社はエルドラド・リゾーツ社の支配下に置かれるが、スポーツベッティングをはじめ、新しい時代に向けたカジノ施設が誕生していくのではないかと関係者は話している。
なお、エルドラド・リゾーツ社のCEO、トム・リーグ氏(Tom Reeg)は「エルドラドとシーザーズは、合弁することで米国で最大規模のカジノ施設所有者・運営者となり、戦略や財務および運営面で両社のステークホルダーには即刻かつ長期的な価値をもたらす機会となります。我々は象徴的なゲーミングおよびエンタテインメントブランドを持ち、オンラインゲームおよびスポーツベッティング業界のリーダーとも戦略的な提携を行います」とコメントしている。
日本進出を止めて、米国での事業再構築を選択した形となり、今後の展開が注目される。
また、北海道の苫小牧に進出するカジノ施設は何処が主体となるか、新たな企業が手を上げることを含め、今後の展開が注目されます。
(2019年9月1日)

編集部

日本で唯一のカジノエンタテインメント雑誌です。
カジノIR施設に関する情報を発信していきます!!

記事一覧

関連記事

フィリピンカジノ

日本政府がIR基本方針案を発表

政府は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備に関する基本方針案を公表した。立地区域の選定基準として5項目を示し、公平な審査を実施するため、国土交通省に有識者委員…

  • 3 view
フィリピンカジノ

横浜カジノ構想がスタート!!

横浜市は47ヘクタール(東京ドーム10個分)の敷地面積を持つ山下ふ頭に新たな観光拠点として、カジノを含む統合型リゾート施設を計画、誘致に動くことが固まり、林文子市長が近…

  • 13 view
フィリピンカジノ

フィリピンカジノの盛況

カジノに関する展示会「G2E(Global Gaming Expo)」が2019年12月3日からフィリピン・マニラのマリオットで開催されることになった。…

  • 4 view
フィリピンカジノ

盛況なフィリピンカジノ

ユニバーサル・エンターテインメント社は、子会社のタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント社が運営するフィリピンのカジノIR(統合型リゾート)施設「オカダ…

  • 2 view
フィリピンカジノ

NEWS

第25回参議院議員通常選挙とカジノ一年前、カジノIR法(カジノを含む統合型リゾート実施法)が制定されるも、政府は開催地の選抜を「第25回参議院議員通常選挙(投票…

  • 25 view