大阪がカジノIR施設でリード!!

  1. ニュース
  2. 10 view

日本のカジノIR(統合型リゾート)施設において、最も積極的に動いていると思われる大阪府は、政府による基本方針決定前でも年内に事業者を公募する方針を明らかにして、吉村洋文知事は「来年春頃にパートナーを決定したい」と発言した。
今夏の参院選後には、IR施設を運営する事業者の選定基準などを盛り込んだ政府による基本方針が発表されると思われていたが、最終的な発表は来年まで見送られる模様。
大阪府としては、2025年国際博覧会(関西万博)の前に大阪の夢洲にカジノIR施設を開業させて、万博との相乗効果を期待していたが、このままだと関西万博に間に合わなくなる。
関西万博の成功に向けて、政府としても大阪府の要望を無視できず、正式決定前だが事業者公募を容認する特例処置を選択したことになる。
「IR区域の整備による効果を早期に実現させる」という理由で、自治体が同方針の正式決定前に事業者を公募することを容認して、正式決定後に必要があれば実施方針を修正したり、事業者が提案を直す機会を確保するよう自治体に求めていく。

ゆめしま

大阪府は年内に事業者を公募して、関西万博の前にカジノIR施設が開業する可能性が高まった。
なお、米国のMGMリゾーツ・インターナショナル社が「大阪ファースト」方針を宣言、大阪に本社を置くオリックス株式会社と手を組んで参入を希望、最有力候補と言われている。
このMGMリゾーツ・インターナショナル社は1960 年代からラスベガスでカジノ施設を手掛け、世界各国に28のリゾートを展開、年間純収益1兆円を超える大手オペレーター。
他にも、シンガポールで「リゾート・ワールド・セントーサ」を運営するゲンティン・シンガポール社を含め、現在は3社が参入を希望している模様。

編集部

日本で唯一のカジノエンタテインメント雑誌です。
カジノIR施設に関する情報を発信していきます!!

記事一覧

関連記事

news0918

日本政府がIR基本方針案を発表

政府は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備に関する基本方針案を公表した。立地区域の選定基準として5項目を示し、公平な審査を実施するため、国土交通省に有識者委員…

  • 7 view
news0918

フィリピンカジノの盛況

カジノに関する展示会「G2E(Global Gaming Expo)」が2019年12月3日からフィリピン・マニラのマリオットで開催されることになった。…

  • 36 view
news0918

横浜カジノ構想がスタート!!

横浜市は47ヘクタール(東京ドーム10個分)の敷地面積を持つ山下ふ頭に新たな観光拠点として、カジノを含む統合型リゾート施設を計画、誘致に動くことが固まり、林文子市長が近…

  • 17 view
news0918

北海道・苫小牧のIRカジノ施設

米国の大手カジノ企業、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)社は、日本におけるカジノIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し…

  • 9 view
news0918

NEWS

第25回参議院議員通常選挙とカジノ一年前、カジノIR法(カジノを含む統合型リゾート実施法)が制定されるも、政府は開催地の選抜を「第25回参議院議員通常選挙(投票…

  • 28 view