盛況なフィリピンカジノ

  1. ニュース
  2. 7 view

ユニバーサル・エンターテインメント社は、子会社のタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント社が運営するフィリピンのカジノIR(統合型リゾート)施設「オカダ・マニラ」の2019年8月におけるカジノ収益が大幅に上昇したことを発表した。



8月のカジノ収益が38.6億ペソ(約80億円)になると報告され、マスマーケットの継続的な伸びとVIPによる収益増が原因と分析されている。
「オカダ・マニラ」は約44ヘクタールの面積を誇るフィリピンでも最大規模のカジノIR施設だが、更に多くの利用客を収容するため、ホテル客室の拡張を行う計画もあるという。



高級和食店「割烹今村」など人気レストランやclubを併設した屋内プール施設が併設され、地元の富裕層にも人気のスポットとなっている。

フィリピンではニノイ・アキノ国際空港から高速道路=スカイウエイを利用すると車で10分程度で移動できる「エンタテインメントシティ」と呼ばれる地域に「ソレア・リゾート」、「シティ オブ ドリームス マニラ(COD)」、「オカダ・マニラ」と3つのカジノIR施設を誘致(計4つのカジノIR施設が予定されている)して新しい経済圏を生み出している。
海沿いに埋め立てられて誕生したカジノの街は、日本に例えるとお台場のような地域。治安も良く、フィリピンのイメージを一変させる地域といえる。

また、フィリピンはオンラインギャンブルに関しても前向きな姿勢を持っていて、政府機関がライセンスの発行を行なっている。
先日も、中国政府よりオンラインギャンブルの禁止を提案されたが、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は中国政府からの圧力に屈しないことを選んだ。



2019年12月3日から世界最大規模のカジノ展示会「G2E」が、フィリピンの「マリオット・マニラ」にて開催されることも発表されている。
この国際的な展示会にはランドベースの関係企業だけでは無く、オンラインギャンブルやブロックチェーン系の関係企業も参加する予定。

フィリピンはカジノにおいて先進国なりつつある!!

編集部

日本で唯一のカジノエンタテインメント雑誌です。
カジノIR施設に関する情報を発信していきます!!

記事一覧

関連記事

news0918

横浜カジノ構想がスタート!!

横浜市は47ヘクタール(東京ドーム10個分)の敷地面積を持つ山下ふ頭に新たな観光拠点として、カジノを含む統合型リゾート施設を計画、誘致に動くことが固まり、林文子市長が近…

  • 17 view
news0918

日本政府がIR基本方針案を発表

政府は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備に関する基本方針案を公表した。立地区域の選定基準として5項目を示し、公平な審査を実施するため、国土交通省に有識者委員…

  • 7 view
news0918

大阪がカジノIR施設でリード!!

日本のカジノIR(統合型リゾート)施設において、最も積極的に動いていると思われる大阪府は、政府による基本方針決定前でも年内に事業者を公募する方針を明らかにして、吉村洋文…

  • 10 view
news0918

日本で8地域がカジノIRを検討!!

観光庁によるカジノIR(統合型リゾート)の誘致に関する意向調査で、日本全国で8地域が検討していることが明らかになった。IR整備法では、国内3カ所までに整備計画を認めてい…

  • 10 view
news0918

北海道・苫小牧のIRカジノ施設

米国の大手カジノ企業、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)社は、日本におけるカジノIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し…

  • 9 view