NEWS

  1. ニュース
  2. 33 view
第25回参議院議員通常選挙とカジノ

一年前、カジノIR法(カジノを含む統合型リゾート実施法)が制定されるも、政府は開催地の選抜を「第25回参議院議員通常選挙(投票日2019年7月21日)」の前に行わなかった。
安倍政権の政策を評価するとされた選挙において悪影響を避けたとみられ、野党からは批判が相次いだ。
改選された124議席のうち、自民党が57議席、公明党が14議席を獲得、与党で過半数を上回る71議席を獲得した。

参考までにカジノIR法に関して、選挙前に各党が掲げたマニフェストは以下の通り。

◯自由民主党
・IR整備法に基づき、様々な懸念に万全の対策を講じて、大人も子供も楽しめる安心で魅力的な「日本型IR」を作り上げます。
・ギャンブル等依存症対策推進基本計画に基づき、ギャンブル等依存症対策を徹底的かつ包括的に実施します。
◯公明党
・わが国におけるIRの整備については、IR整備法の規定による世界最高水準の規制に基づいて適切に進めます。

自由民主党と公明党はカジノIRに肯定的で、ギャンブル依存症などネガティブな要素についても万全なる対策を行うと公言しています。逆に、以下の4党はカジノIR法に反対しています。

◯立憲民主党
・安倍政権が成立させた「カジノ法」等を廃止します。
◯日本共産党
・カジノ誘致のためのIRやMICE計画を中止させます。
◯社民党
・ギャンブル依存症の増加や地域経済を破壊しかねないカジノIR施設の誘致に反対します。パチンコへの規制(出店規制、広告規制)を強化するとともに、ギャンブル依存症対策を実施します。
◯れいわ新選組
・「トンデモ法」一括見直し、廃止。

立憲民主党の福田昭夫議員は「カジノ法案は成長戦略にはならない、国を滅ぼし国民を不幸にする」と発言、日本共産党の大門実紀史参議院議員は「日本はすでにパチンコと公営ギャンブルの市場規模が27兆円にも上るギャンブル大国であり、深刻な社会問題を起こしている」と発言している。
なお、カジノIR法に関して発言のない日本維新の会は、地方選挙ではIR推進を名言しているため、実質的には賛成と思われる。
カジノIR施設の候補地と言われている、東京、千葉、大阪、和歌山、北海道、長崎などは推進派の議員が合格している。
選挙結果だけ見れば、全世代で自公優勢という結果であり、日本におけるカジノIR施設の誕生は確実に近づいたと言えよう。
(2019年7月23日)

編集部

日本で唯一のカジノエンタテインメント雑誌です。
カジノIR施設に関する情報を発信していきます!!

記事一覧

関連記事

news0918

盛況なフィリピンカジノ

ユニバーサル・エンターテインメント社は、子会社のタイガーリゾート・レジャー&エンターテインメント社が運営するフィリピンのカジノIR(統合型リゾート)施設「オカダ…

  • 10 view
news0918

大阪がカジノIR施設でリード!!

日本のカジノIR(統合型リゾート)施設において、最も積極的に動いていると思われる大阪府は、政府による基本方針決定前でも年内に事業者を公募する方針を明らかにして、吉村洋文…

  • 13 view
news0918

フィリピンカジノの盛況

カジノに関する展示会「G2E(Global Gaming Expo)」が2019年12月3日からフィリピン・マニラのマリオットで開催されることになった。…

  • 47 view
news0918

日本で8地域がカジノIRを検討!!

観光庁によるカジノIR(統合型リゾート)の誘致に関する意向調査で、日本全国で8地域が検討していることが明らかになった。IR整備法では、国内3カ所までに整備計画を認めてい…

  • 14 view
news0918

横浜カジノ構想がスタート!!

横浜市は47ヘクタール(東京ドーム10個分)の敷地面積を持つ山下ふ頭に新たな観光拠点として、カジノを含む統合型リゾート施設を計画、誘致に動くことが固まり、林文子市長が近…

  • 19 view
news0918

北海道・苫小牧のIRカジノ施設

米国の大手カジノ企業、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)社は、日本におけるカジノIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し…

  • 15 view