マカオの歴史① HISTORY OF MACAU -1-

  1. コラム
  2. 9 view

神の名を持つ都市マカオ

マカオの様子_カジノジャパン

 中国南部を流れる中国三大河川の一つ、珠江の河口付近に位置するマカオ。ラスベガスをはるかに凌駕するカジノ売上を弾き出す世界一のカジノシティーであり、年間約3000万人の観光客が訪れる世界屈指の観光都市として、世界中から熱視線を注がれる進化し続ける都市である。 

 マカオの名は半島の南端にある道教の廟「媽閣廟」に由来すると言われている。「アマクォック」と発音されるため、これが転訛してマカオとなったという説が有力だ。航海の守護神・媽祖(天后)が祀られているため、ポルトガル語では“Cidade do Nome de Deus de Macau(神の名を持つ都市マカオ)”と呼ばれる。

 広州、香港を結んだ珠江デルタ地帯は、中国・華南の経済の中心であり、環渤海地域、長江デルタ地域と並ぶ中国で最も人口が密集しているエリアとしても有名である。世界有数の製造業の集積地としても知られる同地帯には、現在数多くの日本企業も進出しているため、「マカオをはじめとした珠江デルタ地帯は香港の後背地として発展した…」というイメージを持つ人も多いだろう。

 しかし、歴史をひも解いていくと香港の発展はマカオという存在なくしては語れない。マカオがあったからこそ香港は輝くことができ、さらには現在の珠江デルタ地帯の繁栄につながっているのである。

1

2 3 4

ライター
1980年北海道帯広市生まれ。東京都目黑区で育つ。日本大学文理学部国文学科在学中に、東京NSC5期生(ピース、 平成ノブシコブシ、ラフ・コントロールなど)として芸人活動を開始する。2年間の芸人活動ののち大学を中退し、 いくつかの編集プロダクションを経てフリーランスのライターとなる。現在は、雑誌・WEB・広告問わず、幅広い媒 体で執筆活動を展開している。著書に、 消費者目線でキャッシュレス社会の歩き方を提案した『お金のミライは僕た ちが決める』、 働きながら旅に出かけ、その経験を日常・仕事にフィードバックさせるスタイルを掲揚した『週末 バックパッカー』(ともに星海社新書)がある。

記事一覧

関連記事

マカオの歴史② HISTORY OF MACAU -2-

貿易港からゲーミングの街へマカオの様子_カジノジャパン 人とモノの流れを失ったマカオは、これを機にゲーミング(賭博)」と、借金を返せなくなった中国人が中…

  • 13 view

マカオの歴史③ HISTORY OF MACAU -3-

何度でも生まれ変わる神の名の都市マカオの観光地の様子_カジノジャパン 戦中、空前のブームに沸いたマカオが戦後に勢いを失うも再浮上し、歴代の国家主席から一…

  • 11 view

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。