マカオの歴史① HISTORY OF MACAU -1-

  1. コラム
  2. 31 view

 ポルトガルは中でもマカオを介した対日貿易に頼るところが大きかった。ポルトガルと日本の交易のみならず、当時戦国時代真っ只中の日本は国内情勢が安定せず中国との交易がままならなかったため、ポルトガルは日本と中国の商品貨幣の独占的な橋渡し役として大きな利幅を上げることが可能だった…徳川幕府のキリスト教禁止と鎖国政策が成立するまでは。

 1639年、ポルトガル船の日本来航禁止。翌々年にオランダ人にのみ長崎・出島を利用した貿易が認められると、マカオの舵取りは一変する。

 マカオは歴史上三度の危機を迎えるが、その一度目が日本の鎖国政策による方向転換であった。1640年に約4万人いたマカオの人口は、1700年になると約5000人にまで減少したと言われ、さらには新興国オランダの台頭により海洋貿易での利潤は減少していく。

 17世紀半ばには要衝であったマラッカをオランダに占領されるなどポルトガル領地は狙い撃ちにされ、ポルトガルはマカオの強化を図るべく、初代総督フランシスコ・マカレニャスを赴任させるなど状況の安定に東奔西走しなければならなくなった。

 同時にマカオでは赴任した派遣組と現地組の折り合いをつけるべく、現地主義を重視するため合議制の自治機関が設けられることになるのだが、その最中に中国は明から清へ王朝が変わる。清朝は中国人の出国と対外貿易を規制する「海禁令」を流布するが、王朝に貢物などを送るマカオに対しては「言葉も通じず、作物もできない地」と判断し、ポルトガル人の居留と交易を認可。現在展開される中国の一国二制度の原点がすでに垣間見えると同時に、マカオでは近代的かつ合理的な施策が一足早く構築されていくようになる。歴史が香港に光を当てる約150年前の話である。

1 2

3

4
弘崇我妻

ライター
1980年北海道帯広市生まれ。東京都目黑区で育つ。日本大学文理学部国文学科在学中に、東京NSC5期生(ピース、 平成ノブシコブシ、ラフ・コントロールなど)として芸人活動を開始する。2年間の芸人活動ののち大学を中退し、 いくつかの編集プロダクションを経てフリーランスのライターとなる。現在は、雑誌・WEB・広告問わず、幅広い媒 体で執筆活動を展開している。著書に、 消費者目線でキャッシュレス社会の歩き方を提案した『お金のミライは僕た ちが決める』、 働きながら旅に出かけ、その経験を日常・仕事にフィードバックさせるスタイルを掲揚した『週末 バックパッカー』(ともに星海社新書)がある。

記事一覧

関連記事

マカオの歴史② HISTORY OF MACAU -2-

貿易港からゲーミングの街へマカオの様子_カジノジャパン 人とモノの流れを失ったマカオは、これを機にゲーミング(賭博)」と、借金を返せなくなった中国人が中…

  • 16 view

マカオの歴史③ HISTORY OF MACAU -3-

何度でも生まれ変わる神の名の都市マカオの観光地の様子_カジノジャパン 戦中、空前のブームに沸いたマカオが戦後に勢いを失うも再浮上し、歴代の国家主席から一…

  • 14 view

スタンレー・ホーとは何者か?What is Stanley …

 マカオが中国、ポルトガル両国から「必要ない」と言われた際、行政に頼ることなくカジノの資本力を背景にマカオの近代化を担った男、それがスタンレー・ホーである。巨額を投じ、返…

  • 23 view