マカオの歴史② HISTORY OF MACAU -2-

  1. コラム
  2. 13 view

貿易港からゲーミングの街へ

マカオの様子_カジノジャパン

 人とモノの流れを失ったマカオは、これを機にゲーミング(賭博)」と、借金を返せなくなった中国人が中南米に労働者として送り込まれる人身売買の街に変貌していく。

 1847年にはマカオにおけるゲーミングの合法化が認可されていることからも、急激な変わりようが読み取れる。1872年に香港でゲーミングが禁止されると、その客がマカオへとなだれ込み、マカオはかつての経済の中心地であったことが嘘であるかのように、ゲーミングの街として賑わいを見せ、「東洋のモンテカルロ」と呼ばれるまでその色を強めていく。

 清朝はゲーミングが横行するマカオの現状に歯止めをかけるべく注力したが、清朝自体の国力が低下していたこともあり追放することは最後までできなかった。実はこのとき主なヨーロッパ諸国とは通商航海条約を結んだ清朝だったが、どういうわけかポルトガルとは基本条約のない不思議な関係のままであった。そのためマカオという街は結果として治外法権になっており、清朝としてもどのような対処を下すべきか決めかねていた背景がある。そこに目を付けたのがイギリスだった。

 当時、イギリスが目の敵にしていたフランスが東アジアへと勢力拡大を図っていたため、イギリスはフランスを牽制するマカオの番人として「ライバルには決してならない小国かつ親英国」ポルトガルに白羽の矢を立てる腹積もりがあったのだ。

 1887年、イギリスの思惑通り中葡北京条約が締結されると、マカオは正式にポルトガル領となり治外法権が認められるようになる。ポルトガル人が初めてマカオの地に降り立ってから約350年、正式な大家が誰であるか分からないまま形成されてきた小さな街は、近代を前にして再度産声を上げるに至ったのである。

1

2 3 4

ライター
1980年北海道帯広市生まれ。東京都目黑区で育つ。日本大学文理学部国文学科在学中に、東京NSC5期生(ピース、 平成ノブシコブシ、ラフ・コントロールなど)として芸人活動を開始する。2年間の芸人活動ののち大学を中退し、 いくつかの編集プロダクションを経てフリーランスのライターとなる。現在は、雑誌・WEB・広告問わず、幅広い媒 体で執筆活動を展開している。著書に、 消費者目線でキャッシュレス社会の歩き方を提案した『お金のミライは僕た ちが決める』、 働きながら旅に出かけ、その経験を日常・仕事にフィードバックさせるスタイルを掲揚した『週末 バックパッカー』(ともに星海社新書)がある。

記事一覧

関連記事

マカオの歴史① HISTORY OF MACAU -1-

神の名を持つ都市マカオマカオの様子_カジノジャパン 中国南部を流れる中国三大河川の一つ、珠江の河口付近に位置するマカオ。ラスベガスをはるかに凌駕するカジ…

  • 9 view

マカオの歴史③ HISTORY OF MACAU -3-

何度でも生まれ変わる神の名の都市マカオの観光地の様子_カジノジャパン 戦中、空前のブームに沸いたマカオが戦後に勢いを失うも再浮上し、歴代の国家主席から一…

  • 11 view