ニュース

第15回 カジノの遊び方 ―バカラ編(3)―

2015年5月25日   日本のカジノ実現に向けて


バカラの基本的なルールは、
「プレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか」を予想するゲームです。

 

 

バカラの勝負のイメージですが、
上記のような、架空の2人(プレイヤーとバンカー)が、緑のテーブル上にいると考えてください。

 

プレイヤーと書かれていますが、ギャンブラーのあなたのことではありません。
そして、バンカーと言っても、ディーラーのことではありません。

 

あくまでも、プレイヤーとバンカーという名前の2人が、
テーブル上でゲームをしていると思っていただければと思います。

 

 

ボクシングを想像いただければと思うのですが、
ボクシングは、リングに2人の対戦者がいて、あなたは観客席から観戦しますよね。
しかし、賭けることはできません。見るだけです。

 

しかし、バカラは、あなたが観客席から観戦しながら、
架空の2人の勝負を見て、どちらが勝つかを予想し、賭けることができるゲームです。

 

 

バカラの勝負方法は、カードを引くゲームで対戦します。

 

プレイヤーとバンカーが、互いにカードめくります。
最初に2枚カードを引きます。カードの数字によってはもう1枚引きます。
引いたカードの下一桁の合計数字が、「9」に近い数字を出せば勝ちです。

 

0(ゼロ)が一番弱い数字で、9が最強の数字です。

※数字の1~9は、数字通りの数。10,J,Q,Kは、ゼロです。

 

 

ギャンブラーのあなたは、テーブルの外(ボクシングで言えば観客席)から、
テーブル上の2人の勝負を見て、どちらが勝つかを予想してください。

 

プレイヤーが勝つと思ったら、プレイヤーという表記がある場所にチップを置き、
バンカーが勝つと思ったら、バンカーという表記がある場所にチップを置きます。

 

 

数字の勝負ですから、時々引き分けが存在しますので、
勝負は引き分けと思ったら、「TIE」にチップを置きます。

 

また、引いたカードが、「9」「9」や、「A」「A」など、
時々同じカードがペアになる場合があります。

 

ペアになると思ったら、「ペア」にチップを置きます。
ペアは、プレイヤーペア、バンカーペアが存在します。
※カジノによっては、パーフェクトペア、ダブルペアなどいろんな賭け方が存在します。

 

 

あなたは観客席から観戦しているわけですから、
基本的にカードをさわることはできません ※1。勝負の行方を見守るだけになります。
ディーラーがテンポよくカードを引きますので、ドキドキしながら勝負を見守りましょう。

 

※1:一部のカジノは、テーブルで最高額を賭けた方が、
すべてのカードをめくる権利が与えられます。

 

 

上記の例でみると、プレイヤーが「9」バンカーが「7」で、プレイヤーの勝ちです。

 

 

あなたが「プレイヤーが勝つ」に賭けた場合、2倍の配当が戻ってきます。
あなたが「バンカーに勝つ」に賭けた場合、今回バンカーが負けたので、
チップは没収となり、戻ってきません。

 

 

次の勝負、あなたはバンカーが勝つに賭けたとしましょう。そして、バンカーが勝ったとします。
プレイヤーに賭けて勝った場合は、手数料は発生しませんが、
バンカーに賭けて勝った場合のみ、払戻金の(賭け金と同額)手数料5%が発生します。

 

仮に100ドル賭けた場合、5%が手数料になるので、100ドル+99.5ドルが払戻金となり、
合計199.5ドル戻ってくる計算となります。

 

 

第16回 カジノの遊び方 ―バカラ編(4)―

日本のカジノ実現に向けて 一覧はこちら

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ