ニュース

第16回 カジノの遊び方 ―バカラ編(4)―

2015年6月8日   日本のカジノ実現に向けて


バカラの詳細

■使用カード
52枚(ジョーカーを除く)

 

■概要
2枚もしくは3枚のカードの合計点数の下一桁の数字が、9に近い方が勝ち。

 

■カードの点数
A・・・1点
2~9・・・数字通りの点数
10、J、Q、K・・・0点

 

遊び方の流れ

1.あなたは、プレイヤー、バンカー、TIE、ペアの位置にチップ置く。

2.ディーラーは、カードをプレイヤー側とバンカー側に裏向きに2枚ずつ配る。

3.プレイヤー、バンカー共にカードを表向きにして、「3枚目のカードを引く条件」に
従ってもう一枚カード引くか引かないか決める。

4.合計点数の下一桁の数字が9に近い方が勝ち。

5.プレイヤーに賭けてプレイヤーが勝った場合、賭けた金額と同額の賞金を得る。
バンカーに賭けてバンカーが勝った場合、賭けた金額と同額の賞金から
5%の手数料を引いた金額を得る。

 

※TIEに賭けて引き分けだった場合、賭けた金額の6~8倍の賞金を得る。
得る賞金は、カジノによって若干違う。
※引き分けの場合にはプレイヤーとバンカーへの賭け金は戻される。
※ペアに賭けてペアだった場合、賭けた金額の10~12倍の賞金を得る。
得る賞金は、カジノによって若干違う。

 

3枚目のカードを引く条件

数字が、0、1、2、3、4、5の場合、プレイヤー・バンカーともに、3枚目を引きます。
数字が、6、7、8、9 の場合、プレイヤー・バンカーともに、3枚目のカードは引きません。

 

これが大きなゲームの流れになります。

 

 

よくある間違い

バカラに関して、時々間違った考え方が書かれたサイトを見かけることがあります。
「バカラは、ギャンブラーとディーラーの勝負で、どちらが勝つかを予想するゲームだ。」
のような表記をしているサイトがありますが、これは間違いです。

 

一見、あなた(プレイヤー側)と、ディーラー(バンカー側)
の勝負と思いがちですが、そうではありません。

 

あなたは、プレイヤー側にも賭けることができるし、バンカー側にも賭けることができます。

ディーラーは、ただカードを出している人であり、ディーラーと勝負をするという
考え方では適切ではありません。

 

 

ディーラーは難しいルールを知らないギャンブラーの為に、カード配りをしますので、
初心者でも安心してゲームに参加できます。

 

次は、バカラの罫線についてご説明させていただきます。

 

第17回 カジノの遊び方 ―バカラ編(5)バカラ罫線―

日本のカジノ実現に向けて 一覧はこちら

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ