ニュース

第17回 カジノの遊び方 ―バカラ編(5)―バカラ罫線

2015年6月11日   日本のカジノ実現に向けて


バカラのテーブルには、罫線ボードが用意されています。

多くのギャンブラーは、罫線を使って、ゲームの記録をチェックしてゲームの流れを推測します。

 

バカラは、プレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか予想するギャンブルです。

 

 

確率は、大まかに言うと1/2なので(タイもある)、どちらかに賭ける必要がありますが、

勝敗をチェックすることにより、

「連続でプレイヤーが勝っているから、今度もプレイヤーが勝つ気がする」

「3回プレイヤーが続いたから、次はバンカーだろう」

といった、流れの傾向を予想することはできます。

 

 

チェックの付け方について特に決まりはありませんが、

上記は一般的なチェックの付け方になります。

※引き分けの場合は斜線を引いて色を塗る人も多いです。

 

 

ギャンブルは、流れを重要視します。

罫線は、流れを感じるための必須のツールになります。

 

 

⇒第18回 マカオで一番流行っているのは、なぜバカラ??(予定)

日本のカジノ実現に向けて 一覧はこちら

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ