• ホーム
  • > マガジン
  • > ニュース
  • >  第18回 カジノの遊び方 ―バカラ編(6)―マカオで一番流行っているのは、なぜバカラ??

ニュース

第18回 カジノの遊び方 ―バカラ編(6)―マカオで一番流行っているのは、なぜバカラ??

2015年6月18日   日本のカジノ実現に向けて


マカオでは、なぜ一番流行っているのが、
ブラックジャックではなく、ポーカーではなく、バカラなのでしょうか。

 

 

おそらくですが、バカラは単純に勝つ確率が1/2の
ギャンブルだからではないでしょうか。

 

 

例えばブラックジャックには、定石があります。
数字が17以上は、勝てる可能性が高い。だから引かない。

 

16前後は、もう一枚カードを引くかどうかは相手のカードによる、
14以下は、もう一枚カードを引いたほうがいい、など、
ある意味、定石に従って、行動できます。

 

 

しかし、バカラには、定石はありません。
単純に、バンカーが勝つかプレイヤーが勝つかの1/2の確率です。

 

 

勝てる流れに乗るか乗れないかは本人次第です。

流れに乗れる、乗れない?!ドキドキする。

このスリルを楽しめるのが、バカラだと思います。

 

 

バカラでチップを賭ける時、

ギャンブラーの脳裏には、いろんなことが思い浮かびます。

 

 

「次はどっちだ・・・」

「さっきバンカーだったから、今度はプレイヤーか」

「3回連続プレイヤーだ、もう一度続くか!」

「なんだかバンカーが続くぞ、次はプレイヤーに賭けよう」

 

 

こんな推理が頭の中で、一瞬のうちに繰り広げられます。

そして、、、、最終的に、その瞬間で判断した側にチップを置きます。

 

 

頭ではプレイヤーに置きたいと思いつつも、

プレイヤーが負け続けると、バンカーに置きたくなる衝動。

そして、バンカーにチップを置いて、プレイヤーが勝った時の悔しさ。

「ああ、次はプレイヤーに賭けよう」

 

 

そしてプレイヤーが勝った!

「よし、調子がいい!もう一回プレイヤーだ!」

こんな感じでゲームが続いていきます。

 

 

その時の心臓の高揚感、ワクワクドキドキ感は、

経験したことがないと、伝わらないかと思います。

 

 

単純なゲームだから、ワクワクドキドキという感情に左右されやすい。

それが、バカラで心臓が高揚する理由ではないでしょうか。

ぜひ一度、お試しください。

 

 

第19回 オンラインカジノとランドカジノの違い(1)ーバカラテーブルー

日本のカジノ実現に向けて 一覧はこちら

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ