ニュース

第19回 オンラインカジノとランドカジノの違い(1)ーバカラテーブルー

2015年6月26日   日本のカジノ実現に向けて


オンラインカジノと、ランドカジノの違い、

また、ネットで流れているカジノ情報と、ランドカジノ情報の違いを、お話しさせていただきます。

※現場のランドカジノとは、マカオの現場を基準に記載。

ラスベガス、フィリピン、シンガポール、韓国などは、また違う文化になっています。

 

 

今回は、バカラテーブルに関して、オンラインカジノとランドカジノの違いを

お話しさせていただきます。

 

 

オンラインカジノ

オンラインカジノで、バカラをプレイする場合、2つのパターンがあります。

1.ライブのディーラーとゲームをするやり方
2.コンピューターとゲームをするやり方

 

 

どちらも、画面に表示されているバカラのテーブルは1つで、

ライブのディーラーと遊ぶ場合は、画面から見えるテーブルに、

ニックネームが表示されます。

 

 

ライブディーラーと遊ぶ場合は、1~7人のテーブルでプレイ。

コンピュータと遊ぶ場合は、1人でプレイする形になります。

※ライブディーラーは、1人で何十人・何百人のギャンブラーを相手にしています。

1つのテーブルで、実際にプレイしている人数は分かりません。

 

 

ランドカジノ

基本リアルのディーラーとゲームをします。

マシンコーナーにも、ライブオンラインと同じく、
ライブのディーラーとマシンを通じて遊ぶバカラもあります。

掛け金のミニマムが低いのでそれなりに人気があります。

 

 

テーブル1台につき、基本一人のディーラーがいます。

席は7人掛けが基本のテーブル。(9人掛けもある)

 

しかし、最近は、ディーラーの数が2人制になっているテーブルが
当たり前になってきています。

 

 

下記のように、テーブル1台につき、ディーラーが2・3人のところもあります。

 

 

■ディーラーが2人のテーブル例

■ディーラーが3人のテーブル例

 

 

基本は1つのテーブルに、1人のディーラー・7人のギャンブラーですが、

必ずしも2人のディーラーの場合、ギャンブラーが14人、

3人のディーラーの場合ギャンブラーが21人というわけではありません。

各カジノによってギャンブラーが座るイスの数は違います。

 

 

第20回 オンラインカジノとランドカジノの違い(2)ーバカラのしぼりー

日本のカジノ実現に向けて 一覧はこちら

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ