• ホーム
  • > マガジン
  • > ニュース
  • >  フィリピンのオカダマニラのカジノフロアーに、インターブロックが大型マルティゲーミングマシンを設置

ニュース

フィリピンのオカダマニラのカジノフロアーに、インターブロックが大型マルティゲーミングマシンを設置

2017年3月2日   お知らせ

フィリピンのオカダマニラのカジノフロアーに、インターブロックが大型マルティゲーミングマシンを設置


フィリピンのTiger Resort Leisure And Entertainment Incorporatedは、

自動で様々ゲームをプレイできるマシーンテーブルゲームを開発社の

インターブロックの手によりオカダマニラカジノリゾートにスタジアムをオープンしたとレポートした。

 

パチンコ&スロット業界で1980年代より活躍する日本のビジネスマン岡田和生氏は、

369,428スクエアフィートの最初のオカダマニラのファーストステージを、2週間前に

3000台のスロットマシンと500のテーブルゲームを開業したと言われている。

 

しかし、オカダマニラの開業については様々な憶測とニュースが流れており、

カジノジャパン誌としては噂としてしか現時点ではレポートできない。

 

アジアゲーミングレポートによると、94席を備えたマルティゲーミングマシーンは、

バカラ、ルーレット、シックボー、27インチのディスプレイと3人のディーラーによって運営される。

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ