ニュース

マカオの著名なVIPジャンケット投資家であるLao Kunの現状

2017年3月26日   お知らせ

マカオの著名なVIPジャンケット投資家であるLao Kunの現状


昨年の9月に、マカオで著名なジャンケット投資家Iao Kunは、ギャラクシーマカオの

2のVIPルームと、スターワールドの1のVIPルームを閉鎖した。

 

同月にギャラクシーエンターテイメントグループ(GEG)はSang Lung Gaming

Promotion Company Limited and Sang Heng Gaming Promotion Company Limitedに

関連して総額3億1200万香港ドルに昇る信用枠に対する回答をIao Kunに請求を出した。

 

ナスダック株式市場への12月に提出されたレポートによると、マカオの第一審裁判所において

その中の1社が召喚され、ギャラクシーが求める破産宣告を求める訴状に答えた。

 

当時、Iao Kun氏は、「Sang HengとSang Lungの信用枠は、同社の会長兼最高経営責任者で

あるLam氏またはVong氏によって保証されており、個人的な小切手およびLam氏が支払った

預金によって担保されており、 「同社は、マカオでこの問題を処理し、サン・ヘンとサンルンに

対するクレームを守るために顧問弁護士をつけている」と付け加えた。

 

今週、裁判所はSang Lung Gaming Promotion Co Ltdを破産に処し、3月22日に債権者に

対し、45日以内に請求を行うように指示した。 Sang Heng Gamingについての決定はまだ

発表されていない。今年の3月初旬、Iao KunはLam氏とVong氏がラム社長を退任し、

チーフ・マーケティング・オフィサーとVongの業務を引き継いで最高経営責任者の地位に

移行したと発表した。

 

同社は、北京のジャンケット事業者の撤収によって打撃を受け、多様化のプロセスを開始した。

 

2015年5月にオーストラリアでジャンクション事業を確保した後、同社はブルームベリー/ソレアの

ゴールデンラグジュアリーの株式96.23%を確保。済州サンホテル&カジノを韓国で取得すると

発表した。 その後10月に同社は事業の再編とL’Arc Macauの第4室の閉鎖を発表した。

また、済州の取り引きは中止された。

 

Iao Kunの最後の要塞は、City of Dreams MacauのVIPゲームルームだけになっている。

ニュースのトップに戻る
このページのトップへ