フィリピンカジノの盛況

  1. ニュース
  2. 911 view

カジノに関する展示会「G2E(Global Gaming Expo)」が2019年12月3日からフィリピン・マニラのマリオットで開催されることになった。
この「G2E」は毎年10月にアメリカのラスベガス、5月にマカオで開催されている展示会で、カジノ機器や関係する企業が出展するカジノの展示会。
マカオで開催されていた「G2E」では、数年前からオンラインカジノ系の出展が止められて、盛り上がりに欠けていた感があるけれど、フィリピンで開催される「G2E」ではオンラインカジノ系の出展をはじめ、スポーツベッティングやブロックチェーンやサイバーセキュリティー系の出展も行われる模様。




アジアで唯一オンラインカジノを法整備化して、許認可しているフィリピンならではの試みとして、展示会の盛り上がりに期待が高まります。
イベントを手掛けるリード・エグジビション・グレーターチャイナの最高執行責任者であるジョセフィーヌ・リー氏は「このフィリピンの新しい見本市で、G2Eアジアブランドを拡大させて、アジアのゲーミング・エンタテインメント業界に成長とイノベーションのため、新しい機会をもたらすことができることを大変うれしく思う…」と発言している。
なお、フィリピンのカジノ市場は上向きに成長を続けているようで、日系カジノの「OKADA MANILA」は、売上高も拡大傾向、営業の黒字化も視野に入ってきた。
マニラ首都圏では現在4つのIRカジノ施設が稼働している。
もちろん小さなカジノは数多く存在しているが、IR(統合リゾート)と呼べるのは以下の4施設。

①Resorts World Manila

②Solaire Resort & Casino

③City of Dreams Manila

④Okada Manila

今年のお盆シーズンには、多くの日本人が4つの施設に足を運んでいたが、顧客の多くは中国人や韓国人の富裕層、そして地元のフィリピン人富裕層だ。
(2019年8月29日)

カジノジャパン編集長
1968年東京生まれ。高校生時代にテレビゲーム雑誌の老舗「ファミ通」編集部でアルバイトをはじめる。
株式会社角川書店に就職して数々の雑誌編集、ゲーム開発、映像制作などを手掛ける。株式会社ゲームフリークへ転職した後に独立。出版やIT事業など、様々な事業を手掛けた後、タイやベトナムなどアジアを中心とする海外生活をスタート。
2015年にニュージーランドから日本へ帰国、2016年より『カジノジャパン』の編集長に就任する。
『カジノと日本経済』(宝島社)など、カジノ専門誌や数々の雑誌、ネット媒体にカジノに関することを執筆しつつ、IT事業やカジノ関係のコンサルティングなども手掛け、世界各国を飛び回っている。

記事一覧

関連記事

news0918

「G2E フィリピン」開催

アジア最大規模のカジノ展示会「G2E」がマカオに続いてフィリピン(マニラ)で開催された。「G2E Asia@the Philippines」として、12月3日と…

  • 987 view
news0918

大阪がカジノIR施設でリード!!

日本のカジノIR(統合型リゾート)施設において、最も積極的に動いていると思われる大阪府は、政府による基本方針決定前でも年内に事業者を公募する方針を明らかにして、吉村洋文…

  • 465 view
news0918

横浜カジノ構想がスタート!!

横浜市は47ヘクタール(東京ドーム10個分)の敷地面積を持つ山下ふ頭に新たな観光拠点として、カジノを含む統合型リゾート施設を計画、誘致に動くことが固まり、林文子市長が近…

  • 241 view
news0918

北海道・苫小牧のIRカジノ施設

米国の大手カジノ企業、シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment)社は、日本におけるカジノIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し…

  • 468 view